プランテルex 女性

プランテルexのデメリット2つ!

プランテルex

 

リデンシルは今、注目を集めている育毛成分です。

 

しかしながら、リデンシルが含有されている育毛剤はほとんど見受けられません。

 

この記事でご案内するのは「リデンシル」が最高濃度で含まれている育毛剤「プランテルEX」です。

 

リデンシルに興味のある方はぜひ「プランテルEXデメリット」にもスポットライトをあてましょう。

 

 

「プランテルEX」のデメリットは以下の通りです。

 

●返金保証期間が短い
●日本国内における「リデンシル」のデータがほとんどない

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

返金保証期間が短い

 

 

「プランテルEX」は返金保証期間は30日間になります。

 

商品をもらってから30日以内であれば全額返金して頂くことが可能です。

 

でも実際、30日間では育毛効果もよく分からない事も多いので、結局『もういらない!』と思った時には返金できない…なんていう可能性もありますよね。

 

 

ちなみに、おなじ「リデンシル」がウリの「REDEN(リデン)」は期限なしの返金保証付きです。

 

期限なしの返金保証が魅力に感じる方は「REDEN(リデン)」を推奨します。

 

 

日本における「リデンシル」のデータがほとんどない

 

 

「リデンシル」は注目の新・育毛成分です。

 

しかし、新しすぎて国内にはデータがほとんどございません。

 

またリデンシルを配合している育毛剤もあまり多くないというのがというのが現実です。

 

 

リデンシルを使えば、必ず髪が発毛するというわけではございませんので頭に置いておくようにしましょう。

 

また、データが少ないということはそれだけ安全性にも懸念があったりします。

 

どんな副作用があるのか、どんな体質に合わないのか…といった部分も不安ですよね(実際、今のところ問題報告はないそうですが)

 

 

ただし「リデンシル」によって植毛を越える効果をゲットできる可能性はないとは言えません。

 

 

コスパが悪い

 

 

他の育毛剤に比べて、プランテルexは少し高いかなと言う印象を受けます。

 

以前のプランテルとプランテルexを比べてみても、そ従来のプランテルの方が安かったりします…

 

 

関連:プランテルexとプランテルの違い

 

 

まぁ、安くても効果がなければ意味がないので、これだけしっかり成分の入ったプランテルexが高くても売れているわけですが…

 

 

まとめ

 

 

プランテルexのデメリットをおさらいすると…

 

 

●ちょっと高い
●返金保証が弱い
●日本におけるリデンシルのデータが少ない

 

 

以上になります。

 

どんな商品にも良い面と悪い面があります。

 

十分比較検討してから購入したいですね。